MELC(長岡ゼミ)のブログ

HELLO GARDENの実験的ピクニックに行ってきた。

| コメント()

6月27日に西千葉駅から歩いて15分ほどの場所にあるHELLO GARDEN(http://hello-garden.tumblr.com/)に行ってきた。HELLO GARDENは住宅地にあり、新しい暮らしを自分たちの手でつくる実験広場として開かれている。いつでも誰でも入ることができ、公園のような、庭のような場所だ。そんなHELLO GARDENで日曜日に実験的ピクニック、HELLO TABLEが行われた。Facebookのイベントページにはただピクニックをします、としか書いておらず、どのようなものになるのか全く想像のつかないまま当日を迎えた。


ピクニックは11時からだったが、どのような雰囲気で行われるのか気になり、開始時間よりも早めにHELLO GARDENへ向かった。その途中で主催側のポロさんに会い、そのまま準備のお手伝いをした。ポロさんはHELLO GARDENの運営をしている方のうちの1人で今回のイベントもポロさんから聞いて知った。

 

写真.JPG

△ゼミ生の村松さんが関わっている西千葉工作室。

水曜日に訪れたときに店番をしていたのがポロさんとめいさん(お二人ともHELLO GARDENの運営をしています。)でした。

 

隅にあったロケットストーブや机を移動していると、ポロさんに声をかけてきた男性が火起こしをし始めた。そのうちまた別の男性もきてその手伝いをし始めた。2人とも火起こしが終わると他に予定があるようでHELLO GARDENを去って行った。ふらーっとやってきてまたいなくなるというのは、イベントにくる目的で意気込んできたというよりも、ただ近くの公園に暇つぶしにきた感じですごく面白いと感じた。そのあとも近所の子どもたちや親子、ピクニックを予め知っていて来ている人や通りすがりの人などいろいろな人が集まり、それぞれ何か手伝ったり、のんびりしたり、楽器を触ったりしていた。それぞれが自由に気ままに振る舞い、まるで全員が家族や友達のようだった。

ピクニックではホットサンドの材料が並べられ、300円で作ることができた。サンドイッチの要領で具材をはさみ、ロケットストーブで焼いて食べる。しかし、ロケットストーブは火加減の調節が難しく、なかなか焼きあがらない。またロケットストーブも2つしかなかったため、ホットサンドを焼く順番を待つ時間が長かった。しかし、ホットサンドは告知していたわけではなく、来てみたらホットサンドが作れるというように、ホットサンド自体が目的では無いためか、順番待ちの間も準備の時間と変わらず穏やかな時間が流れていた。

 

IMG_0200.JPG△ホットサンドの材料。

300円で好みのホットサンドが作れました。


ピクニックが終わったのは予定時間の14時から大幅に過ぎた、16時頃。15時頃から少しずつ人が帰っていき、16時には数名が残っているという状況だった。そのまま片付けを手伝う人もいて、イベントというよりは知り合い同士でピクニックをしたという感じであった。初めてイベントに参加した人もたまたま通りがかった人も、誰でも受け入れるという雰囲気がHELLO GARDENにはあった。それぞれが思い思いの時間を過ごし、気軽に話しかけていた。また、先に来た人が後から来た人にHELLO GARDENやホットサンドの説明をしており、その場にあるものや場所自体が共通の話題となっていたことも、人を受け入れるような雰囲気に一役買っていたのだとも思う。「お客さんを受け入れる」のではなく、「興味があればどうぞ、仲間に」というような場はまた訪れたいと思える、地域の居間のように感じた。

カテゴリー: マロン 越境レポート

コメント

What's New

twitter

booklog