MELC(長岡ゼミ)のブログ |「めろん」 の記事

  私は、4月23日に「サードプレイスとしての本屋を考える」という武蔵新城駅のすぐ近くの新城劇場という古本屋で行われたイベントに参加した。 通りに面している壁はガラスで出来ており、通りすがりの人も中を覗くことができる。また、本を置くブースが4つほどあり、古本屋ではあるが新書も取り扱っていた。このブースに特徴があるのだが、1つ1つのブースにはそれぞれ関連のある本が1つのブースとしてまとめて置かれている。なぜこのようにしたか。それには、新城劇場のプロデューサーである西田卓司さんの体験が元になっているそう。以前、別の本屋さんで、本屋の店主さんの「街にカフェが欲しい」という気持ちから、カフェ...
| 1 |

What's New

twitter

booklog