MELC(長岡ゼミ)のブログ

6月11日、日曜日の朝5時を少しまわったころ。昨日の夜にセットしたスマホのアラームに起こされる。今日は、朝6時20分発の電車に乗って、1時間半かけて神奈川県横浜市の金沢文庫まで行くことになっている。重いからだを無理やりおこして、歯を磨いて家を出た。日曜日にこんなに早起きするのは、小学校のラジオ体操ぶりのことだった。  金沢文庫で、来年夏に「シェアキッチンのある本屋(仮)」がオープンする。正式な名称はまだ未定だ。これは、私が店員として関わっている「屋台のある本屋-新城劇場-」のプロデューサーで新潟ツルハシブックス店主の西田さんと、金沢文庫で土地を持っている大家さんの平野さんが出会って始...
4月28日と5月26日に【虎ノ門でごめんなさい 公開生放送】に参加してきた。場所はURTRA。虎ノ門! 内容は、Cwaveという放送局が公開生放送をするというもの。Cwaveとは千住発の地域のインターネット放送局だ。そしてURTRAとは、新虎通りに新しい”コト”を発信する場所であり、様々なイベントを行っている。 【虎の門でごめんなさい】の大きな特徴は台本がないということ。誰でも参加できる番組であり、番組は会場全体で作っていく。誰でも参加できる番組ってなんだ?面白そう!と思ったのがきっかけで行ってみようと思った。   1回目のゲストは居らず、MCが番組を説明する...
今年の4月にゼミ生となり、2か月活動してきた。これまでの活動を振り返ると、どれも自分にとって刺激的なものだったと思う。自分の世界がどんどん広がっていった。その中でも、良くも悪くも心に残っているのはゼミで行った読書会だ。   今年ゼミでは4回の読書会をして、3冊の本を読んだ。 読書会のつぶやきのまとめ ①グリーンズ編『ソーシャルデザインー社会をつくるグッドデザイン集』 ②上田信行著『プレイフルシンキングー仕事を楽しくする思考法』 ③リンダ・グラットン著, 池村千秋訳『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図 〈2025〉』1回目 、2回目   長岡研...
未来の話をしよう。 「未来の話」と言っても、私が今回書かせて貰うことは「VR」についてである。「VR」とは「Virtual Reality」の略語で、日本語に訳すと「仮想現実」という意味である。百聞は一見に如かず、こちらが「VR」と呼ばれるものである。 このゴーグルのような物の中に「仮想現実」が写し出されている。今の段階では主にゲームの中の一つのデバイスとして使われることが多い。サムライインキュベートさんが主催していた「Virtual Realityの現状とこれからの展望」というイベントに参加させて頂いた時に聞いたお話では、2020年くらいには「スーパーマリオ」相当の「VR」が発売され、203...
4月29日の土曜日。東京都港区にある Commune 2nd の枠場で行われた【World Disco Soup Day in Tokyo】に参加した。今年度からゼミに入った私にとって初めての「越境」。初めてだから印象に残るというのは当たり前だとは思うけれど、約1ヶ月経った今もなおあの時のことは鮮明に覚えている。 そもそもディスコスープとは、廃棄の危機に面している野菜たちを使ってスープを作る世界的なソーシャルクッキングイベントだ。日本では年間2800万トン食料が廃棄されているが、そのうち642万トンは、まだ食べられるもの【フードロス】だそうだ。また、その約半分は一般家庭からのものだという。例え...
<-PREV | 1  2 |

What's New

twitter

booklog