ブログ Written by Takeru NAGAOKA |「MELC」 の記事

12月のカフェゼミ。なかなかいい企画になってきた。「ソーシャルにはたらく;ソーシャルではたらく」・・・ちょっと「?」なところがカフェゼミです。そして、なんと、2年生が企画してます!学生たちの告知文をお読み下さい! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  ゼミ生企画の第3弾として、今回は「フィールドワーク + カフェゼミ」というスタイルで進めます。 ▼ 今日、「フィールドワーク」という活動が様々な分野で行なわれています。特に、ビジネス分野ではイノベーションに結びつく活動、何かの「発見」に結びつく活動として注目を集めています。 私たちがフィールドワークを行なうとき、「現場」へ赴き...
ゼミ生企画の第3弾として、今回は「フィールドワーク + カフェゼミ」というスタイルで進めます。 学生たちの告知文をお読み下さい! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  ゼミ生企画の第3弾として、今回は「フィールドワーク + カフェゼミ」というスタイルで進めます。 ▼ 今日、「フィールドワーク」という活動が様々な分野で行なわれています。特に、ビジネス分野ではイノベーションに結びつく活動、何かの「発見」に結びつく活動として注目を集めています。 私たちがフィールドワークを行なうとき、「現場」へ赴き、様々な事柄の「発見」を求めて探索し、さらに、「発見」を記述していこうとします。こう...
脱・予定調和的な学びに関する実験の場「カフェゼミ」、その新たな試みとして、2013年秋学期より、長岡研究室の学生が企画&運営を担当しています。 今回はその第2回目、テーマは「オープンなコラボレーションの可能性」、そして、ゲストはインクルーシブデザインに取り組んでいらっしゃる山田小百合さん。 学生たちの告知文をお読み下さい! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ゼミ生企画の第2弾、今回の「カフェゼミ」では「参加型デザイン」や「オープンなコラボレーション」について考えます。「参加型デザイン」や「オープンなコラボレーション」への関心の高まり、その背景には「非専門主義(アマチュアリズム)」的...
昨年5月より、脱・予定調和的な学びに関する実験の場として、「カフェゼミ」を行っています。無味乾燥な教室を出て、洒落たカフェに行くと、それだけで対話がはずみます。 でも、これがカフェゼミのねらいではありません。ゼミの場を教室からカフェに移すことは、「アタリマエ」に疑いのまなざしを向け、自分自身を異化していこうとする意志をシンボリックに示しています。 「カフェゼミ」という実験。今回は長岡研究室の学生が企画&運営を担当します。そして、テーマは「食とコミュニケーション」。学生たちはこんな文章を書きました。 さて、どうなるか・・・ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 食べ物は私たちの生命活動を...
ステレオタイプ化されたビジネス系ドキュメンタリーの中で、「プロジェクト」という活動は常に「困難克服の物語」として描かれます。ここからは、困難克服を目指した試行錯誤が「問題解決能力」の醸成に結びつくという発想が生まれてきます。つまり、「プロジェクト=一皮むけるための修羅場」という視点です。  しかし、このような見方は、プロジェクトという活動の一側面でしかありません。「困難克服の物語」というステレオタイプを脱し、もっと自由で創造的な活動として「プロジェクト」を理解するなら、「修羅場経験を通じた学習」とは異なる姿が見えてくるはずです。  7月4日のカフェゼミでは、慶應義塾大学・加...
<-PREV | 1  2  3  4  5  6 |

What's New

twitter

booklog