loader

ひとつでも当てはまったら、
長岡ゼミにぴったりかも!

自分の世界を広げてみたい
大学生活をもっと頑張りたい
知らない世界にも踏み出してみたい
周りの目を気にせず、真面目な話をしたい
自分の意見を語れるようになりたい
中学・高校時代に部活やそれ以外の活動を頑張った経験がある
刺激を与え合える仲間と出会いたい
丁寧に指導してくれる先生を求めている

これからの組織に求められる
コラボレーションの力

 長岡ゼミの活動テーマは、「創造的コラボーレーションのデザイン」
一人ひとりが主体的に動きながら、周りとも協調し、新しい価値を生み、成果につなげていく。そんな関係を築ける力が、これからの組織づくりや経営に求められます。
長岡ゼミでは、この「創造的コラボレーション」の力をじっくりと身につけるトレーニングを、2年生から4年生までの3年間を通じて行っていきます。

着実に身につく
トレーニングプログラム

 話を聞きながら自分の意見をまとめてみたり、人前で意見を発表してみたり、自分とは異なるタイプの人たちとグループワークをやってみたり。着実にステップアップできるトレーニング体験を、ゼミ生同士で協力しながら積み上げていきます。頭で知識を集めるのではなく、行動できる力を磨く練習場だと考えてください。 3年生の後半から4年生にかけての時期では、自分の興味がわくテーマを見つけて、これまで知らなかった世界へと飛び出して交わる“越境”活動にどんどん挑戦していきます。

まずは課題なしの見学から。
仲間がいるから頑張れる

「そんなこと、自分にできるだろうか?」と不安に思ったとしても大丈夫。一人で頑張る必要はありません。 最初のスタートは“練習の見学”から。わからないことがあれば、先生がいつでも相談に乗ってくれますし、同じ道をたどってきた先輩の背中を見ながら、一歩ずつ踏み出すことができます。教科書や参考書の通りに正解を見つける勉強を超えた学びの力を、皆で一緒に手に入れましょう。

現役4年生5人に聞きました!
先輩インタビュー

Q. 「今、どんな活動をしていますか?長岡ゼミに入って、どんな変化がありましたか?」

活動イメージ

例えば、こんな活動をしています。

※2020年度〜は新型コロナウイルス感染予防のため
オンラインでの実施を中心としています

タッチすると写真の説明が表示されます。

参考ムービー

教員紹介

長岡 健 (ながおか・たける)

法政大学経営学部教授。
東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、英国ランカスター大学大学院・博士課程修了(Ph.D.)。専攻は組織社会学、経営学習論。

組織論、社会論、コミュニケーション論、学習論の視点から、多様なステークホールダーが織りなす関係の諸相を読み解き、創造的な活動としての「学習」を再構成していく研究活動に取り組んでいる。現在、アンラーニング、サードプレイス、ワークショップ、エスノグラフィーといった概念を手掛かりとして、「創造的なコラボレーション」の新たな意味と可能性を探るプロジェクトを展開中。

共著に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『越境する対話と学び』などがある。

Link